まるこのフィギュアスケート言いたい放題

フィギュアスケート大好きなまるこが、バンクーバーオリンピック期間限定・・・・のつもりで始めた言いたい放題ブログです。シーズンが終わった現在も、言いたい放題やってます。
by maruko_skate
画像一覧

日本でペアの選手が育たないのはなぜ?

いよいよペアのショートプログラムが始まります。

昨日の記事を書いたあと、ちょっと考えました。
ペアは、アイスダンスとは違い、ジャンプやスピンなど基本的なテクニックはシングルと同じです。実際、アメリカからペアの選手してトリノオリンピックに出場を果たした井上怜奈選手は、シングルでもオリンピックに出場したことがありました。ですから、これだけ男女シングルから名選手が生まれている今の日本、少しペアの選手も育成してくれないかしら?などと、ペアも好きな私は思ってしまいます。でないと、井上選手にしろ、カワグチ選手にしろ、ペアという競技に魅せられてトップを目指す選手は、海外へ行くしかありません。日本にとっては、優秀な人材の流出です。もったいない!!

でも、実際には、日本でペア選手を育てるのは少し難しいかもしれないとも思います。私なりに、ペアが育たない理由を以下のように考えてみました。専門的な知識があるわけではないので、あくまでも素人の私見と思って読んでいただければと思います。

まず、日本人は基本的に、日常生活における他人とのボディコンタクトを嫌います。欧米では挨拶として交わされる握手や軽いハグも、普通の日本人からしたら、長年のお付き合いならともかく、あまりよく知らない方とはご遠慮したい・・・という感覚が一般的だと思います。そのような習慣があって、同じフィギュアスケートという競技の中にペアとシングルが存在すれば、やはりシングルのほうがやりやすいような気がします。

あと、男性スケーターの体格や体力の問題もありそうな気がします。日本人だってずいぶん体格がよくなってきたと言われますが、フィギュアスケーターだけ見てみれば、高橋選手も織田選手も、小塚選手だって、世界の他のトップスケーターと比べて小柄だと思います。現在のペアのトップスケーターには、一昔前のように男女の著しい体格差は見られないものの、日本人スケーターと比べれば、どの男性スケーターも大きく力強い気がします。だから、井上選手やカワグチ選手のように、海外にパートナーを求める女子選手の例はあっても、日本人の男性スケーターが海外の女子選手と滑るという例がないのでは、と思います。

中国のペア選手たちは、同じアジア人であり、体格も似たり寄ったりだとは思いますが、そこは中国。やはり雑技という伝統芸能があるからこそ、アクロバティックな分野では絶対に強いですよね。そして、世界選手権やオリンピックの金メダルがあれば、おのずと競技の人気も高まり、競技人口が増えて、才能ある選手が発掘されやすいという好循環になります。

そんなわけで、今のところ、日本ではペアスケーターがうまく育っていないのではないかと推測しています。しかし、これだけフィギュアスケート自体の人気も高まり、多くの選手が育っているのに、本当にもったいないと思います。まずは、男女シングルに思いっきり偏っている地上波のテレビ放送枠から考え直してもらいたいものですね。ペアの演技だって、本当に素敵なんですから。
■  [PR]
by maruko_skate | 2010-02-15 09:10 | ペア
カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
グリーにハマっている人集..
by グリー at 17:26
高松宮記念 2011必勝..
by 高松宮記念 2011 at 20:37
ポルカさん コメン..
by maruko_skate at 15:47
(さらに続き) >..
by maruko_skate at 11:36
(ハナさんへのコメントの..
by maruko_skate at 11:27
>ハナさん いつもコメ..
by maruko_skate at 11:20
ごめんなさい。 まるこ..
by ハナ at 08:44
今回の捏造報道については..
by ハナ at 05:44
>ハナさん こんにちは..
by maruko_skate at 10:17
続きです。(スイマセン、..
by ハナ at 01:32
最新のトラックバック
以前の記事
検索
おすすめキーワード(PR)
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
XML | ATOM

skin by excite